マイケルジャクソン 「beat it」について

Beat 打つ/打ち負かす

本来は「バット(bat)で打つ」という意味だそうです。

マイケルジャクソンの超有名な曲に「Beat it」というのがあります。

私は以前まで、上記の通りbeatには打つという意味があることから「それを叩け!」とか「殴れ!」みたいな意味の歌なのかなぁとなんとなく思っていました。

PVもなんか町の不良たちが集まってくるような感じで荒々しいし。

でもこれ調べてみたら全然違いました!

この曲の場合のitは地面のことを指していて「足で地面を叩け」と、

つまり「走って逃げろ!」という意味なのです。

実はこの曲、マイケルが非暴力を願って作った曲でした。

当時のロサンゼルスでは抗争が絶えず、毎日の様に暴力によって血が流されていたそうです。

そういった背景から「争うな!逃げろ!命を大事にしろ」というメッセージが込められているようです。

「生き延びたいなら打てる手は打ち尽くせ。だから逃げろ、さっさと逃げるんだ」

YoutubeにPVがあるのでぜひ見てください。

ドラマ仕立てになっていて、ギャングたちの緊迫した雰囲気のなかガシガシ踊るマイケルが超格好いいですよ。途中からみんなで踊りだしてしまうのがもう最高。

ちなみに邦題だと「今夜はビートイット」と謎に「今夜は」がついています。

これについては、当時海外のディスコミュージックを売る際、題名でどんな曲か分かりやすいように「今夜は~」とか「恋の~」のような枕詞を付けていたようです。

マイケルが所属していたジャクソンズ(ジャクソン5)の「今夜はブギーナイト」も同様ですね。

今日はかき氷の日

今日、7月25日はかき氷の日。
日本かき氷協会が制定した、な(7)つ(2)ご(5)おりの語呂合わせから来た記念日だそうです。

小さい頃から食べてきたかき氷ですが、いろいろなことを思い出します。
小学生の夏休み、家でかき氷機を使って氷を削り、ドラマを観ながら食べるのが日課でした。途中で頭がキーンとなりながらも頑張って食べていました。笑

シロップがたくさんあったのでいろいろな味を試してみました。
特にブルーハワイの味が好きで、家でも夏祭りの縁日でも必ずブルーハワイを選んでいました。
口や舌が青くなることに驚き、見せびらかしていた記憶があります。

今のかき氷はシロップの上にフルーツが乗り、氷もガリガリとした食感からふわふわに進化し、
見映えとボリュームが重視されている気がします。

先日、久しぶりにかき氷が食べたくなり、かき氷専門店に行ったときに
店員さんに「マンゴーのかき氷が数量限定でオススメですよ!」と言われ、限定という言葉に弱く、頼んでみました。

「お待たせしました!」という言葉とともにかき氷がやってきたのですが、
そこで初めて進化しているのだと感じ、昔のようなかき氷頭痛がなく、あっという間に平らげました。美味しかったのでまた、食べてみようかなと思います。

 

1学期が終わり、夏期講習に入りました。
「夏休みは受験の天王山」と云われるように、受験生にとって時間をかけて集中的に勉強が出来る、最後の長期の休みです。

冬休みになれば今までの総まとめや自分の行きたい大学の過去問演習などを行うため、夏と比べると時間に余裕を感じなくなります。

まさにこの夏期が一番重要な時期であり、自分がなにをすべきか合理的に考えて時間をうまく使うことがポイントです。

夏を乗り越えよう!

夏から秋の時期は、中だるみが起きやすくなります。

「まだ受験まで日にちがあるし・・・」、「まだ本気にならなくても大丈夫・・・」と自分で自分を甘やかしていませんか?

勉強に対するモチベーションが下がると集中力も下がるので、ダラダラ勉強してしまったり、勉強時間が少なくなったりします。

そうすると、成績が下がって、さらにモチベーションが下がり・・・と負のループに陥ってしまうので、中だるみは何としてでも避けたいところです。

 

「最近たるんでるな・・・」という自覚のある人は、まずは、普段通りの生活に戻すことを心がけましょう。

 

・夜更かしをしない

・1日3食、しっかり食事をとる

・適度に休憩や息抜きをする

 

生活習慣は勉強の質にも影響を与えるので、規則正しい生活を送ることは、受験生にとって非常に大切です。

また、勉強する場所を変えてみたり、オープンキャンパスに参加したりして、マンネリを解消することもオススメですよ。

 

モチベーションをうまく維持しながら、夏を乗り越えていきましょう!

夏の無料体験授業受付中★

夏の無料体験授業受付中です!

高校3年生はもちろん、高1、高2生こそ夏の勉強が大きな差を付けます

定期テストが終わってひと段落と言っている暇はありません!

まずは7月11日(日)の体験授業に参加してみましょう。

自習室利用キャンペーンも18日まで実施しています。

詳細は以下の通り

7月11日(日)

高2・高1 対象

・基礎英語(文法)編  18:50~20:00

高3・卒生 対象

・受験英語(文法)編  17:10~18:20

・受験数学 編  18:50~20:00

7月18日(日)

高2・高1 対象

・基礎英語(長文)編  18:50~20:00

高3・卒生 対象

・受験英語(長文)編  17:10~18:20

・受験国語 編  18:50~20:00

以下のURLよりお申し込みお待ちしております!

https://www.waseyobi.jp/nishifuna/2021summerspecial.html

「変われること、強くなれることって楽しい!」

今朝テレビを見ていたら、卓球のオリンピック代表の伊藤美誠選手の特集をやっていました。

オリンピックが延期になって一年。

「この一年間がすごく大事になって、自分にとって絶対にプラスになるから、この1年間まずやり抜こう。 なんでもコロナのせいにしてしまうこともできたけど、私はもっと進化できるんだと自分を信じて日々努力してきた。」

「変われること、強くなれることって楽しい!」

この力強い言葉がとても印象的でした。

皆さんの勉強にも通じるものがあると思います。

勇気を貰えるひとことですね(^^)

自習室開放キャンペーン!!【6/21~7/15】

★ワセヨビ西船橋校学習応援企画 自習室開放キャンペーンのお知らせ★

【高校1・2年生を対象に自習スペースを無料開放します】

期間限定でどなたでも利用可能!

定期テストの勉強で利用してもOK!

勉強場所に困っているお友達がいればぜひ教えてあげてください。

使用期間は7月15日(木)まで。

来校の際に受付にお声がけください!

また、これまで予備校を利用されたことがない方は電話、メールなどでお気軽にお問い合わせください!

もちろん直接ご来校いただいても問題ありません。

これを機に入試に向けた勉強をスタートさせましょう!

役に立つ勉強

「こんな勉強していて将来なんかの役に立つんだろうか」

恐らく誰もが学生の頃に考えたことがあるはず。いま学生の人たちはまさにそんなことを考えているかもしれません。

まぁ実際は本当に役に立つか疑っているというよりも、ただ勉強する気になれなくてそんなことを考えてしまうことが多いんですが。。

私は生徒とそんな話をするときに、勉強自体が役に立つというよりも、取り組むべき物事をいかに処理していくかという道筋の立て方を覚え、練習することに意味があると伝えることがあります。

それは私が思いついたことではなくて、多分昔誰かにそう教わって納得したから同じようなことを言っているんだと思います。誰に聞いたかは忘れてしまったけど。

ただ、大人になって様々な人と出会い、話を聞いていく内に割とそれだけではないなと思うようになってきました。

というのも結構、直接役に立つみたいです。

例えば、sin・cos・tan。これなんかは日常生活で使用しなさそうですが、先日話をした建築士の方は絶対に必要な知識だと言っていました。

例えば、必須アミノ酸の種類。これは日常的にも覚えておいた方がいい知識ですが、管理栄養士の方にとっては当然の知識になるでしょう。

例えば、日本史や世界史。私の知り合いに国立歴史民俗博物館で働く人がいますが、そういう人にとっては知っていて初めて仕事が出来るレベルの知識になると思います。

大人になって自分がどんな職業についているかはまだ分かりません。世の中の大半の社会人は学生の頃に考えていた職業と別の仕事をしています。「あの時、覚えた知識がこんな形で使えるとは」なんてよく聞く話です。

ここは予備校なのでそもそも入試で役に立つよと言ってしまえばそれまでなのですが、せっかく勉強するなら「これを将来絶対役立ててやろう」という気持ちで臨んだ方が前向きでいいですよね!

アチーブメントテスト2回目とコチドリ

アチーブメントテスト第2回が実施されました。

一か月が経つのは早いですね。つい先日、1回目だったのに。

毎月必ず受験することで自分の学力の理解度を測ることができます。

今回の手ごたえはどうでしたか?

試験後、すぐに自己採点をして自分の間違えた箇所を解き直しました!と、報告に来てくれた人もいました。

本番ではないのでこれが大事です。

今の成績表の偏差値だけを見て落ち込んだりしないようにしましょう。

今は成果が数字には表れていないかもしれませんが、この先必ず出てきます。

自分を信じて今日も頑張りましょう!

****************************

駅の近くの駐車場に車を停めていると、どこからともなく「ピィピィ」という鳥の鳴き声が聞こえてきます。
ふと見渡すと、近くにこんな看板が。

置いた人優しい!


誰が置いたのかは分かりませんが、クリアケースで作ったお手製の看板。
優しいお知らせですね。(^^)

コチドリ。
調べてみたところ、川や水田の近くに小石などで巣をつくり、近くのミミズや小さな昆虫を食べているとのこと。

親鳥でも15㎝くらい!小さいです。


なるほど。小石はすでに敷かれていて条件は揃っています。
ただ…。駐車場って、、一番大事だと思われる安全面は親鳥もうっかりしていたのでしょうか。笑
でもこの看板に守られています。
出来るだけ近づかないように…とありますが、そーっと卵を撮影してしまいました。笑

た!ま!ご!

ピゥ!と怒られました。
巣に外敵(私)が近づくと、巣から離れたところまで移動して、偽傷行動という怪我をしているような振る舞いをします。
なかなかの演技派です。
毎回やられてますので、だいぶ怪しまれています。(反省)

最近はちゃんと遠くから見守ってます。。


ヒナがみたいなぁ…!
あともう少しで卵が孵るようです。
どうか無事に育ちますように。

ちなみに、千鳥足とはこのコチドリからきているとか。
ジグザグに歩いていてなんとも可愛いらしいです。(^^)

忘れものを、届けにきました

もうすぐ梅雨の時期でしょうか。

濡れても快適に過ごせるよう、この時期は替えの靴下を仕込んでおくなどすると良いかもしれません。

雨が降っているのを見ると、映画「トトロ」の雨のシーンを思い出します。

この映画のキャッチコピーが、今までに出会ったキャッチコピーの中で1番好きです。


「忘れものを、届けにきました」

こんなにぴったりでぐっと来る一言、他にあるでしょうか。

調べてみると、トトロと火垂るの墓は同時上映作品で、この2つを繋ぐキャッチコピーがこちらだったようです。

そこから、このキャッチコピーを生み出した糸井重里さんの本を色々と読むようになったのですが、なかでもこちらは読みやすくて、とてもおすすめです。



『ボールのようなことば。』 著者:糸井重里

無意識で、普段気付かない、気付けないようなことに気が付かせてくれる

そんな詞がたくさん収録されてあります。

特に私は

「後ろ姿」をいいなぁと思う話と

「伸びたくて仕方のない青竹のような若い季節」を過ごす話がとても素敵だなあと思いました。

後ろ姿 を考えたとき、

皆さんは、なにの、どのような後ろ姿を思い出しますか?

糸井重里さんは、トトロ以外にも多くのジブリ作品のキャッチコピーを手掛けています。

ジブリ好きの方は、ぐっと来るものもきっと多いはず。

普段本を読まない方でもさらっと読めてしまう本なので

是非手に取ってみてください。