数学Ⅰの重要性

大学へ合格することを考えた場合、高校生活において最も重要となる試験は高校入学直後の1学期の定期考査と言えます。なかでも重要になるのは数学Ⅰでしょう。試験範囲で言えば「数と式」から「二次関数」あたりまでです。

実はこの試験で高得点が取れるか取れないかで、「どんな大学に入るか」・「どのように大学に入るか」がほとんど決まってしまうと言っても過言ではありません。

数学Ⅰがそこまで重要になるのには理由があります。

私達が何かを新しく学ぶときに必要になるのは、今まさに学ぼうとしている新しい知識だけではありません。何かを学ぶときには、「まずその基礎となる知識があり、そこに新しい知識が関連付けられることで新しい知識を理解することができる」という構造になっています。基礎学力として整数のたし算やひき算を理解していなければ、どれだけ分数のたし算やひき算をがんばって勉強してもいつまでたってもできるようにはなりません。

そして、数学Ⅰの二次関数までの内容が、高校数学を学んで行くうえでの基礎学力になっているのです。

数学Ⅱ・BでもⅢでもその内容を理解するには二次関数までの知識を必要とします。数Ⅰの二次関数までの内容でつまずいてしまうと、それから先の各単元もなかなか理解しきれず、成績は伸びて行くどころか少しずつ下降してしまう、というのが非常によく見られるパターンなのです。

ここまでの話で、数学Ⅰの重要性は十分に理解してもらえたと思います。

現在数学Ⅱ・Bで苦戦している生徒さんは、今つまずいている単元をがむしゃらに勉強するだけでなく、いったん立ち止まって高校数学の基礎となっている数学Ⅰを復習し直してみることも有効です。

「私は文系って決めてるから数学なんて関係ない」という声も聞こえてきそうです。しかし、これは誤りです。理系の生徒さんはもちろんですが、文系の生徒さんにも数学をきちんと理解しておくことのメリットは多くあるのです。

私立文系の大学を目指す高校3年生からよく聞くのは、「数学ができないから国立はあきらめました。。。」という言葉です。

文系の生徒さんでも高1から数学をコツコツ勉強していれば私立大学だけでなく、国立大学も受験校の選択肢に入れることができます。

さらに、現在の私立大学入試においては、推薦・AO入試での合格者数が全体の合格者数の50%を超えているという現実があります。学力試験を受けて合格する人よりも、面接を受けて合格する人の方が多くなっているのです。

もし推薦での大学進学を目指すのであれば、絶対に苦手科目を作ることはできません。数学Ⅰが完全にマスターできない生徒さんは、必ず数学Ⅱ・Bでも苦戦します。指定校推薦などを狙う上で、数学Ⅰ、さらにその後の数Ⅱ・Bができないことは、内申点にも大きなダメージを与えてしまいます。

数学Ⅰをきちんと勉強して、そのままの勢いで数学Ⅱ・BやⅢでも高い内申点をキープすることが、数多くいるライバルとの勝負に打ち克つには不可欠です。

その意味では、まずは数学Ⅰの二次関数までの内容を完璧に理解することこそが、大学受験の第一歩だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です